企業・技術者認定制度

公園施設製品安全管理士

技術者認定制度

日本公園施設業協会では、安全・安心な公園施設の提供に資するために、公園施設の製造や点検などに関わる業務を関係法令や規準等に基づいて適正に遂行することができる技術者を認定する制度を設けています。

遊具の設計から設置後の点検・修繕まで、すべてを管理・監督します

公園施設製品安全管理士は、遊具や一般公園施設の計画・設計・製造・施工から点検・修繕まですべての段階の業務を、管理技術者として関係法令、規準等に基づいて適正に遂行及び管理・統括する能力を有する日本公園施設業協会会員企業の技術者の資格です。

高度な技術と知識、経験や管理能力が要求されます

公園施設製品安全管理士は、会員企業に所属し、11年以上の公園施設についての業務経験があり、そのうち3年間の管理業務経験がある者が「公園施設点検管理士」の試験に合格した上で、日本公園施設業協会が行う「公園施設製品安全管理士認定講習」を受講し、関係学科の筆記と記述式による試験に合格することにより与えられる資格です。

国から認められています

公園施設製品安全管理士は、国が公園施設(遊具)の点検・診断を適正に実施、管理統括できる技術者資格として唯一登録している資格(公園施設点検管理士)を有していますので、公園施設の定期点検業務を安心してお任せいただけるとともに、点検後の修繕にも適切に対応することができます。

公園施設製品安全管理士・
公園施設製品整備技士を検索する

資格(※必須)

企業名(※必須)
支部名
検索結果表示例
資格(※必須)

支部名
検索結果表示例
氏名
認定者番号(※必須)
検索結果表示例